内職すると失業給付は? 求職活動は並行する

2015.10.15
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 現在、求職活動中ですが、知人の会社からパソコン関係の業務を手伝ってほしいという話があります。自宅のパソコンで処理可能な内容で、昼間は求職活動、夜間に業務処理という対応も可能です。仕事を引き受けて、報酬を受け取ってしまうと、雇用保険の受給面で問題が生じますか。【鹿児島・F子】

A

合計額に応じて減額調整 「賃金日額の8割」が目安

 基本手当は失業等給付の1種で、受給資格者(離職者で一定期間以上の被保険者期間を有する者)の生活の安定を図ると同時に、求職活動を容易にするために支給されるものです。基本手当は、受給資格者が「失業の認定を受けた日」について支給されます(雇保法15条1項)。

 失業の認定を受けるべき期間中に「自己の労働によって収入を得た場合」…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年10月15日第2244号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ