育児給付が基本手当に影響か 復帰から半年で退職 受給資格得られるか心配

2013.05.13
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 育児休業から復職して半年あまりの従業員がいますが、個人的事情で退職を考えていると相談を受けました。本人は、雇用保険の基本手当の受給について心配しているようです。休業期間中、育児休業給付を受給しましたが、それによって基本手当の受給資格を得られないような事態が生じますか。【愛知・M社】

A

日数減る可能性あり

 雇用保険の各種給付の支給に際しては、従業員の被保険者歴が重要ファクターになります。

 基本手当の受給資格の有無を判断する場合、「被保険者期間」がどれだけあるかを確認します。被保険者期間とは、「賃金の支払基礎日数が11日以上ある月」を指します(雇保法14条)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年5月13日第2920号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ