基本手当は優遇されるか 結婚による転居で退職

2014.06.15
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 結婚に伴う転居(夫の実家で同居)により、通勤時間が大幅に長くなります。今の会社を辞めるかどうか、迷っています。「やむを得ない理由」の場合、自己都合より優遇されるという話を聞きますが、どのような点が違うのでしょうか。【東京・R子】

A

特定理由離職者の恩恵も 待期期間後すぐに受給可

 基本手当の支給申請は、「住所または居所を管轄する」ハローワークで行います。ご質問者は転居後に最寄りのハローワークで求職申し込みをすることになりますが、退職理由によりどのような取扱いがなされるのか確認しましょう。

 「結婚に伴う住所の変更」は、退職の「正当な理由」と認められます。その要件は、次のとおりです。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年6月15日第2212号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ