前々職の在籍分も考慮か 基本手当に参入する期間

2015.06.15
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 転職したのですが、労働条件が想像より数段劣るので(ブラックとはいわないまでも、グレーな企業)、再離職します。転職した後より転職前のほうが賃金水準は高いという場合、基本手当の計算はどのようになるのでしょうか。【東京・U生】

A

直近の180日分が対象 1カ月在籍した月を優先

 前の会社(X社)を離職時に基本手当の受給資格を満たしていない場合、後の会社(Y社)の被保険者期間と通算して、受給資格の有無を判断します。

 お尋ねのケースを整理すると、被保険者期間は次のとおりとなります(離職月から遡る形で表記)。

Y社の在籍期間

 A月(離職月):在籍日数23日、賃金支払基礎日数16日…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年6月15日第2236号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ