休業させ基本手当減るか 退職者の離職証明書作成

2016.01.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 退職者が出たので、雇用保険の離職証明書を作成しています。当社では、店舗改装のため半月ほど休業し、その間、休業手当を支給しました。そこで疑問が生じたのですが、賃金が減額された休業期間はどのように取り扱われるのでしょうか。基本手当の計算に、影響があるのでしょうか。【鳥取・Z社】

A

計算の分子分母から除外 通常支払われる賃金考慮

 使用者の責めにより休業が生じた場合、休業手当(平均賃金の6割)を支給する必要があります(労基法26条)。これが雇用保険法でいう賃金に当たるかどうかですが、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年1月15日第2250号 掲載
ページトップ