受給延長は取消しか 失業中ケガし傷病手当

2013.09.02
Q

 離職後に病気を理由に受給期間を延長したものの、こんどはケガでしばらく求職活動ができそうにありません。傷病手当を受給すると、さかのぼって延長自体なかったことになるのでしょうか。【栃木・N生】

A

支給受けない期間は加算可

 基本手当の支給を受けることができるのは、原則として離職日の翌日から起算して1年間です。この期間内に疾病または負傷などで引続き30日以上職業に就くことができない場合は、その分受給期間を延長するか(雇保法20条)、または…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成25年9月2日第2935号16面
ページトップ