加給年金額はどうなる? 長期加入者が被保険者に

2015.02.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 退職して、「長期加入者の特例」により満額の年金をもらっている高齢者(男性)がいます。技術継承を目的として、職場復帰を要請する方向で検討しています。被保険者資格を取得すると、定額部分がなくなり、在職老齢年金が適用されると理解していますが、配偶者加給年金額の扱いはどうなるのでしょうか。【兵庫・N社】

A

定額部分と合わせて停止 資格喪失時はセットで解除

 現在、60歳代前半の男性は、生年月日によって年金の支給開始年齢が異なります(厚年法附則8条の2)。昭和28年4月1日以前であれば、60歳から「60歳代前半の老齢厚生年金」を受給できます(年金の受給資格を満たす場合)。翌日以降であれば、支給開始年齢は61歳になります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年2月15日第2228号 掲載
ページトップ