妻の振替加算が少ない? なぜ加給年金と差あるか

2013.02.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 このたび、妻が65歳に達したので、私の年金から配偶者加給年金額が減額されることになりました。しかし、妻が受け取る振替加算額をみると、私の年金の減額分よりはるかに少ない額です。同額が付け替えられるのなら納得がいきますが、なぜ金額にこれだけ差が出るのでしょうか。【岡山・M生】

A

夫婦合計で公平な金額に 若い人ほど老齢年金高い

 老齢厚生年金の受給権者(お尋ねの場合は夫)が、その権利を取得した当時、65歳未満の配偶者(同妻)がいて、生計維持関係にあれば、老齢厚生年金に配偶者加給年金額が加算されます(厚年法44条1項)。さらに、受給権者の生年月日に応じて、配偶者加給年金額に特別加算が上乗せされます(厚年法昭60附則60条2項)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年2月1日第2179号 掲載
ページトップ