半日年休の処理でよい? 午前と午後で時間異なる

2015.02.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社は9時始業、17時30分終業(休憩は12時から13時)で、1日の所定労働時間は7時間30分となっています。午前と午後の所定労働時間はそれぞれ3時間と4時間半でバラバラですが、半日単位で年休を取得したときには、どのように処理するのが正しいのでしょうか。【秋田・K社】

A

日単位で管理し0.5日に 時間請求との併用も可能

 年次有給休暇は、採用後継続勤務6カ月に達した日に10労働日の有給休暇権が発生します(労基法39条)。10労働日という文言を使用し労働日単位を表していることから、労働者が半日単位で請求しても、使用者は原則として応じる義務はありません(昭24・7・7基収1428号)。ただし、半日単位の請求について、労働者がその取得を希望して時季を指定し、これに使用者が同意した場合であり、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年2月1日第2227号 掲載
ページトップ