出来高保障と最賃の関係は? 完全歩合給制導入を検討 売上げ低ければ6割支払う

2015.05.11
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、完全歩合給制の導入を検討しています。歩合給制(出来高払制)を採る場合、6割程度の賃金保障が必要といいます。当月の売上げが低く保障給を支払うほかない場合、この保障給と地域別最低賃金の関係はどう考えるべきでしょうか。【愛媛・K社】

A

時間当たりで上回る必要

 歩合給制は、本人の売上高に応じて、賃金が変動する仕組みです。成績の良し悪しが賃金額に直結するので、本人のやる気を高める効果があるといわれています。

 しかし、「商売は水物」ですから、いくら頑張っても成績が上がらない月もあり得ます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年5月11日第3016号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ