懲戒解雇には認定必須か 「お墨付き」と理解?

2017.09.12
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社で、懲戒解雇を検討すべき事案が発生しました。月半ばに開催する懲罰委員会で審議して処分決定、月末付けでの処分を予定しています。懲戒解雇に当たって、労基署の認定を受けておくべきという意見がありました。認定申請をしたときには、判断がなされるまで解雇できないのでしょうか。【岡山・T社】

A

30日前予告が不要に 処分有効かは別問題

 解雇には、普通解雇や懲戒解雇のほか、懲戒解雇を若干軽減したものとして、諭旨解雇などがあります。また、退職願等の提出を勧告し、即時退職を求める「諭旨退職」に応じない場合に、懲戒解雇するといった取扱いもあります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年9月15日第2290号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ