無期契約との格差是正? パートが条件引上げ要求 勤務先正社員は店長のみ

2014.11.24
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 外部労組(合同労組)から、「有期労働者と無期労働者の労働条件格差」の是正を求めて、交渉の申入れがありました。労組加入の従業員(パート)は飲食店舗で就労しています。該当店舗では、正社員は店長1人だけです。パートの労働条件を店長並みに引き上げるのはムリな要求ですが、「比較対象の無期労働者」が存在しないケースでは問題をどのように処理するのでしょうか。【大阪・H社】

A

企業全体から対象者選出

 パートと正社員では、現実として労働条件に大きな格差が存在します。

 両者間の「均衡のとれた待遇確保」のため、パート労働法の改正・強化が図られています。同法は、「通常の労働者と短時間労働者」の間で、労働条件格差が生じているケースに適用されます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年11月24日第2994号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ