残業時間の累計に誤り? 給与明細では端数処理 特別条項発動の時間と異なる

2014.01.27
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、1日単位での労働時間の端数処理は認められないという指導を受け、1カ月単位で四捨五入する仕組みに変更しました。先日、時間外労働の実績が1年の上限を超え、特別条項を発動しました。ところが、従業員が給与明細と見比べて、「時間外労働の累計に計算違いがあるのではないか?」といいます。給与明細に合わせて処理すべきなのでしょうか。【愛知・K社】

A

36協定は実時間がベース

 労働時間は分単位で把握するのが原則ですが、1カ月単位の割増賃金額の計算等について特例が設けられています(昭63・3・14基発150号)。労働時間に関しては…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年1月27日第2954号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ