料率変更する仕組みは 雇用保険料引き下げる案

2016.01.18
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 雇用保険料は、景気の影響で毎年のように変動すると認識していますが、どのような条件で変更されるのでしょうか。【静岡・Y社労士】

A

支出した額と積立金を比較

 雇用保険は、事業主および被保険者である労働者からの保険料と国庫負担で賄われていますが、そのうち労使折半で負担する失業等給付保険料率は、一般の業種については原則1.4%です。先日、法改正でこの料率を1.2%にする建議が出されました。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年1月18日第3049号16面 掲載
ページトップ