自己都合としても良いか? 退職時証明求められ 実際は成績不良で勧奨

2021.11.05 【労働基準法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 以前、当社に勤めていた従業員から、退職時証明の交付依頼がありました。手続きを進めるうえで、当時の上司に確認したところ、「成績不良のため、本人に退職願の提出を求めた」ということです。従業員ご本人のためを思えば、自己都合と記載したいところですが、後から「勧奨の事実を隠していた」といわれる心配もあります。どのように対応するのが良いのでしょうか。【長野・R社】

A

合意内容確認して記載を

 退職願は、基本的に個人的な事情等により、従業員本人が自主的に提出するものです。しかし、会社からの働きかけによるケースもあります。

 退職勧奨はその名のとおり、勧奨であって強制ではありません。会社が退職を勧めることは自由ですが、従業員が拒否すれば、それ以上の不当な強要は許されません。あくまで、本人の判断により、退職という決定がなされます。

 お尋ねのケースで、上司の方は、「退職願の提出を求めた」という認識のようです。しかし、話合いの実態をキチンと確認する必要があります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和3年11月8日第3328号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。