辞表の撤回に応じるか 慰留拒否されたが翻意 退職の効力いつ確定

2015.01.26
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 上司(課長)と部下の間で意見が衝突し、翌日、部下が辞表を提出しました。部長が慰留に努めましたが、頑として聞き入れません。ところが、数日後に翻意して、「会社は慰留の意を示しているのだから、まだ退職の合意はできていない。撤回可能のはず」といいます。当然、課長は猛反対します。法律的には、どちらのいい分に理があるのでしょうか。【鹿児島・M社】

A

「合意解約」で処理が穏当

 就業規則上の退職事由として、「退職を願い出て会社が承認したとき、または退職願を提出して14日が経過したとき」といった定め方が一般的です。

 退職願(届)が提出された後、どこの時点で退職の効力が確定するかは、実務上、悩ましい問題です。法律論としては、合意解約と辞職で取扱いが異なります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年1月26日第3002号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ