賞与免除の対象か 施行日をまたぐ育休で

2021.10.04 【健康保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 育児休業中の社会保険料の免除の仕組みが変わるといいます(本紙令2・12・21付3285号3面)。気になるのは施行日をまたぐ場合ですが、賞与の保険料の取扱いはどのようになっているのでしょうか。【宮城・M社】

A

令和4年10月開始なら新法

 社会保険料が免除されるのは、育児休業等をしている被保険者です(産前産後休業の免除の適用を受けている場合を除く)。

 現行法では、報酬と賞与の保険料で区別はありません。法改正後は、育休期間が1カ月以下である者は、標準報酬月額に係る保険料に限り、免除される仕組みになります(改正法159条カッコ書き)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和3年10月4日第3323号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。