補償は通災か任意保険か どちらに損害賠償求める

2017.04.06
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社の従業員がオートバイで通勤の途上、乗用車にぶつけられて左足骨折のケガをしました。相手は任意保険に入っています。この場合の事故には労災保険も適用になると思いますが、従業員側の労災と相手側の自動車保険のどちらに損害賠償(補償)を求めたほうがいいでしょうか。【静岡・S生】

A

原則自賠責を優先する 慰謝料等は調整対象外

 このような態様の事故の場合、相談者は加害者(損害保険会社)に対して損害賠償請求、相談者の労災保険には給付の請求をすることができます。労災保険と自動車保険の両者が関わってくる交通事故の補償のケースは少なくありませんが、この両方から同一事由に基づく補償を受けることはできません。どちらか一方の補償しか受けられないのです。

 一般的には、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年4月1日第2279号 掲載
ページトップ