賠償の一括払い求めたい 保険会社は定期払い主張

2019.12.31
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 自分の子ども(18歳)が交通事故に遭い、重度の昏睡状態になってしまいました。家族としては将来の介護費用を一括で支払ってもらいたいのですが、相手方保険会社は「定期的にお金を支払う定期金賠償でないと支払わない」と言って譲りません。相手方保険会社の担当者には不満があり、今後も付き合いがあるとなると、気が重いです。将来介護費用の一括払いを求めて訴訟をすれば、認められるでしょうか。【静岡・T生】

A

介護状態などが影響 平均余命までの期間考慮

 一括払いを求めて訴訟を提起したとしても、定期金賠償を命じる判決になってしまう可能性があります。

 定期金による賠償を命じた確定判決の変更を求める訴えについて定めた民事訴訟法117条が施行される前の昭和62年2月6日の最高裁判決では、定期金賠償を採用しない理由を明示していませんが、「原告が一時金による賠償の支払いを命ずる判決を求めている場合に定期金による賠償の支払いを命ずる判決をすることはできない」と判示しました。しかし、117条施行後の現在においては、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2020年1月1日第2345号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ