賠償金早くもらうべき? 後遺症あるが復帰望む

2019.09.29
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 道路を歩いていたところ、乗用車にぶつけられて手の指の骨折、頸椎捻挫、足の打撲などのケガをしました。病院の診断は全治3カ月です。事故後、1カ月でギプスは取れましたが、現在も指が曲がってくっついているのか、まっすぐにならない感じでよく曲がりません。現在、事故から3カ月が経過したところで、仕事はできるので損害賠償金を早くもらって社会復帰し、事故のことは忘れてしまいたいとも思っていますが、どう対応するのが適切でしょうか。【群馬・M生】

A

負傷状況は見極め慎重に 事後の治療で多額出費も

 交通事故の被害者の中には、軽い傷害にも関わらず、損害賠償額を増額しようとして治療・リハビリ期間を無理に引き延ばそうとする人もいます。しかし多くはそういうことをしようとしても、まずそうした〝引き延ばし〟行為は相手側の損害保険会社にほとんど見破られますし、仮に増額ができたとしてもわずかな金額です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2019年10月1日第2339号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ