未払割増賃金は倍返しか 「同額の付加金」と規定

2017.04.02
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 法定の割増賃金を支払わなかった場合、同額の付加金が発生する可能性があるといいます。労働者から請求があった場合、常に発生するものなのでしょうか。【滋賀・D社】

A

一部減額する判例あり 裁判所が支払い命じる

 労基法114条では、裁判所は、法20条(解雇予告手当)、法26条(休業手当)、法37条(時間外・休日、深夜の割増賃金)、39条7項(年休の賃金)の規定に違反した使用者に対して、労働者の請求により、未払金のほか、これと「同一額の付加金」の支払いを命じることができるとしています。この請求は、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年4月1日第2279号 掲載
ページトップ