1暦日の休日とれない スキー場近くで旅館営業

2015.12.21
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 スキー場に隣接するホテルを経営しており、これから繁忙期を迎えます。アルバイト等も雇って人員を増やし、極力無理のない勤務体制を組みたいと考えていますが、宿泊客が日をまたいで滞在することから、暦日でまる1日休める日がなかなか捻出できません。この状況では法律違反になってしまうのではないのでしょうか。【長野・C社】

A

一定業務で2暦日許容

 労基法35条で付与が義務付けられた休日は、午前0時から午後12時までの1暦日単位で与えるものとされています(昭23.4.5基発535号)。しかし、旅館業は顧客のほとんどが夕刻から翌朝まで滞在するため、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年12月21日第3045号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ