報酬にどう組み込む 一部外貨払いしたとき

2020.10.11 【厚生年金保険法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 海外展開が軌道に乗り、比較的長い期間滞在する従業員が現れ始めました。必要な手続きを経たうえで賃金の一部を現地通貨で支払うことができないかと考えていますが、厚生年金などにおける報酬などの扱いはどうなりますか? 【神奈川・S社】

A

為替レートは支払い日基準

 厚年法3条では、報酬および賞与について、賃金などいかなる名称であるかを問わず、労働者が、労働の対償として受ける全てのものをいうとしています。3月を超える期間ごとに受ける場合は賞与、それ以外は報酬(臨時に受けるものは除く)となります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
令和2年10月12日第3276号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ