学生免除でも支給対象か 就職前に障害生じた場合

2014.03.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 内定通知を出した学生を入社前の研修に呼び出そうとしたところ、大学のサークル活動でケガをして、入院中という返事がきました。幸い重症ではなく、4月1日の就労開始には間に合いそうだという話です。仮にもっと重いケガで、障害が残ったとします。本人は「国民年金の学生免除」の対象となっていますが、免除期間中(1度も、国民年金保険料を納めたことがない)のケガであっても、障害年金の対象になるのでしょうか。【埼玉・H社】

A

障害・遺族は受給できる 保険料納付月なしでも可

 国民年金の被保険者には、3種類あります(国民年金法7条)。

 ① 日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満のもの(②③除く)……1号
 ② 厚生年金の被保険者等……2号
 ③ 2号被保険者の配偶者……3号

 大学(大学院)、短大等の学生も例外でなく、上記要件に当てはまる限りは国民年金の加入対象となります。第1号被保険者に該当する場合、毎月、国民年金保険料を納める義務があります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年3月1日第2205号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ