若年者猶予は何歳まで? 無職の間だけ免除可能か

2013.12.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社の従業員より、以下のような相談がありました。「子どもが資格取得のため勉強するといって、会社を辞めてしまった。年金保険料については若年者納付猶予という仕組みがあると聞くが、資格取得までずっと制度を利用できるのか」ということです。年齢制限があるだけで、年限の上限はないという理解で間違いないでしょうか。【千葉・S社】

A

30歳まで特例適用される 平成37年6月に期限延長

 国民年金保険料は、被保険者(第1号被保険者)本人が納付するのが原則ですが、「世帯主も連帯して納付する義務」を負っています(国民年金保険法88条)。ですから、保険料の申請免除の対象となる収入も、「被保険者と扶養親族の数」に応じて定められています(同90条)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年12月1日第2199号 掲載
ページトップ