「週20時間」どうカウント 変形労働時間制で働く

2020.09.29 【健康保険法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 社会保険の適用範囲が拡大されると同時に、加入要件も修正されたという記事を読みました(令2・9・1付本誌2361号51ページ)。当社も、令和4年10月以降、経過措置の対象外となる見通しです。「1週間の所定労働時間が20時間以上の者」等が新たに被保険者になるといいますが、変形労働時間制の場合、20時間以上に該当するか否かは年平均で判断するのでしょうか。【石川・R社】

A

変形期間の平均を算出 1年なら52週がベース

 規模要件(令和4年10月に、現行の500人超から100人超に引下げ)に該当する(特定適用事業所に該当する)場合、いわゆる4分の3要件を満たさない短時間労働者であっても、次の条件を満たせば、社会保険の加入対象となります…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年10月1日第2363号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ