逮捕されて保険料発生!? 被保険者資格は継続で 家族が病院行くことも

2022.06.24 【健康保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 従業員が逮捕されたときの対応を話し合う中、社会保険料を長期間徴収できない事態は避けたいので、年次有給休暇で処理し控除するのはどうかという意見が出ました。そもそも、逮捕勾留の場合も被保険者資格は継続し、被扶養者がいて病院に行くような場合も考えると、保険料もかかるという認識で良いでしょうか。【兵庫・K社】

A

徴収の特例あり届出を

 被保険者等が、少年院、刑事施設、労役場その他これらに準ずる施設に収容等されたときには、(一部を除き)保険給付は行わない(健保法118条)とあります。なぜ制限が課されるかですが、概ね公費負担があるのがその理由とされています(健康保険の解釈と運用)。

 被保険者等が収容等されたときでも、被扶養者に係る保険給付を行うことは妨げないとあります(同条2項)。一般的な感覚としても、被扶養者まで給付が制限されてしまうのは酷でしょう。

 給付制限が課されても、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和4年6月27日第3358号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。