いじめの労災認定は 同僚間でパワハラなし

2020.06.15 【労災保険法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 上司等からのパワーハラスメントが労災認定されるという記事(令2・5・25日付3258号1面)をみました。一方、同僚間でいじめや嫌がらせがあったと相談を受けたときに、行為が1回きりなどと判断できれば、労災認定されることはないと突っぱねてしまっていいでしょうか。【山口・U社】

A

相談応じないと負荷「強」に

 まず、問題の言動を行ったのが、同僚や部下であっても、業務上必要な知識や豊富な経験等を有している者であれば、「優越的な関係を背景とした」言動としてパワハラになり得ます(令2・1・15厚労省告示5号)。

 パワハラに当たらない同僚等から…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
令和2年6月15日第3261号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ