業務上認定後の影響は? 障害残る大ケガが発生

2021.06.10 【労災保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 過日、当社、作業場において、障害が残る程度の大きな労災事故がありました。重大事故においては労基署の調査があると聞いております。しっかり対応するため、どのような調査が行われるのかご教授ください。また、労災認定後、業務や経営にどのような影響があるのかも教えてください。【栃木・R社】

A

機械使用できないことも 許認可業種は別に処分

 経営にとって、「業務災害」はそれ自体が衝撃ですが、発生時、並びに労災の補償が確定してからも、有形無形の影響を受けることがあります。

 まず、労災補償は最低限の生活保障である観点から、使用者責任を根拠として、被災労働者から損害賠償請求を受ける可能性があります。メリット制などの恩恵を受けていた労災保険料が上がるケースも大きな負担となるでしょう。その他、行政の入札で指名停止処分を受けたり、それぞれの業種に係る法令によって行政処分や刑事罰を受けることがあります。報道などにより社会からの批判を受けることも少なくありません。しかしながら、まず対応しなければならないのは、労災事故発生に付随する労基署の臨検・調査です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2021年6月15日第2380号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ