診断までの病欠に補償は カゼ症状も「コロナ」心配

2020.04.11
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 新型コロナウイルスですが、風邪類似の症状が出ても、なかなか医者に行きたがらない従業員もいます。最終的に風邪等と診断された場合、病院に行くまでの期間はどのように取り扱われるのでしょうか。【千葉・C社】

A

労務不能なら傷病手当金 初診日前でも対象に

傷病手当金を受ける要件は、次の3つとされています(健保法99条)。

① 療養のため休業すること
② 労務不能であること
③ 3日の待期期間があること

 「①療養のため」には、自費診療で受けた療養とか自宅で病気の静養をしている場合等も含むと解されています。ですから、問題は「②労務不能であること」に該当するか否かです。

 新型コロナウイルスにより…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2020年4月15日第2352号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ