夜間の事故で過失相殺? 信号ない交差点を歩行中

2020.02.29
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 信号機が設置されていない交差点の横断歩道を歩行していたところ、直進してきた自動車に接触される事故に遭いました。自動車の運転者に対して損害賠償を請求しましたが、事故が発生したのが夜間であったことを理由に、賠償額が減額されると言われています。夜間の事故であることは、私の落ち度として考慮されるのでしょうか。【兵庫・T生】

A

5%減額される可能性 街灯などの環境が影響

 交通事故の当事者双方に何らかの落ち度(過失)がある場合、損害の公平な分担の観点からそれぞれの落ち度を考慮して損害賠償額を定めます(過失相殺)。

 過失相殺に当たっては、事故状況から道路交通法上の優先関係などを考慮して、双方の過失割合を判断されますが、事故の一方当事者に、落ち度(過失)がある場合には、その過失割合が上方修正されます。

 事故発生が夜間であったことの一事をもって、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2020年3月1日第2349号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ