有利な待遇も禁止 一部資格に手当支給

2020.02.03
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社は飲食店を経営しています。正社員である店舗責任者のほかに、調理師の免許を取得している有期雇用の従業員がいます。資格手当などにより有期雇用の賃金が正社員を上回ったとき、これも不合理な待遇として考えるのでしょうか。【石川・G社】

A

法が禁止する相違から除外

 不合理な待遇の禁止等に関する指針(平30・12・28厚労省告示430号)では、特殊作業手当の例を挙げています。通常の労働者と同一の危険度または作業環境の業務に従事するにもかかわらず、正社員にのみ手当を支給するといったときには、問題になる可能性があります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和2年2月3日第3243号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ