フレックスで出勤義務? 定期的に会議を行いたい

2020.01.28
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社の営業マンにフレックスタイム制を適用できないかという話があります。対象労働者として定める分には問題はないはずですが、例えば、月のうち決まった日を「会議のための日」として定時出勤・退勤を命じたいというときには、制度を適用できないということになるのでしょうか。【長野・B社】

A

清算期間内は強制できず 週など細かく設定は可能

 フレックスタイム制の対象は、労働時間によって業務が左右されるものではない職務が適当と考えられています。営業ももっぱら労働時間ではなく、仕事の成果が問われるという意味では対象に適しているといえそうです。反面、顧客対応が常に求められるような場合において、労働者がその選択により労働することができる時間帯(フレキシブルタイム)を設けた場合に、それが確保されているといえるかどうか、ということは検討する余地がありそうです。営業マンに事業場外労働のみなし制(労基法38条の2)を適用している会社は少なくなさそうです。

 決まった日の出勤を義務付けることの可否ですが、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年2月1日第2347号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ