深夜労働制限したい 時間配分に介入するが フレックスから裁量制へ

2020.06.19 【労働基準法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 企画・立案部門で、これまでフレックスタイム制を適用していました。施設の安全管理の観点から、フレキシブルタイムを設定し、深夜の勤務は禁止としていました。今後、業績評価制度を拡充するとともに、裁量労働制を導入する案が浮上しています。ただし、深夜勤務の禁止は継続したい意向です。「時間配分の決定」に関し、使用者が制限を加える形になりますが、問題ないでしょうか。【北海道・A社】

A

許可制と就業規則で定め

 フレックスタイム制は、「始・終業の時刻を労働者の決定に委ねる」仕組みです(労基法32条の3)。ただし、フレキシブルタイムを設定し、「選択により働くことができる時間帯に制限を設ける」ことが認められています(労基則12条の3)。

 フレックスタイム制であっても労働時間の把握義務があり、時間外労働に対する割増賃金を支払わないといけません。

 一方、企画業務型裁量労働制では…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年6月22日第3262号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ