フレックス制の残業どう対応? 一部で深夜労働が常態化 仕事終わらないと主張あり

2015.10.19
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、研究職を対象にフレックスタイム制を適用しています。コアタイム・フレキシブルタイムの両方を設定していますが、頻繁にフレキシブルタイムの時間帯を超え、深夜残業する従業員がいます。本人は「協定で定める時間帯内では仕事を処理できない」と主張します。どのような対応が考えられるでしょうか。【兵庫・J社】

A

許可制採り違反には懲戒

 フレックスタイム制は、「始業・終業の時刻を労働者の決定にゆだねる」制度です(労基法32条の3)。しかし、労使のオプションにより、協定でコアタイム・フレキシブルタイムを定めることもできます。

 コアタイムは「労働者が労働しなければならない時間帯」、フレキシブルタイムは「選択により労働することができる時間帯」を指します。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年10月19日第3037号16面 掲載
ページトップ