コアタイムの中抜けは? フレックスでテレワーク

2021.06.28 【労働基準法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 テレワークの労働時間管理を考える中で、通常の労働時間制度よりもフレックスタイムのほうがいいのではないかという意見があります。ただ、1日のうち一定の時間帯に働いてほしいときにコアタイムを設ければ、その時間は中抜けすることはできないということになるのでしょうか。【静岡・K社】

A

許可制にすることも可 始業・終業委ねる必要

 フレックスタイム制(労基法32条の3)は、労使協定により使用者が、労働者に始業・終業の時刻を委ねることにより、労働させることができる制度です。例えば、1カ月の清算期間において週40時間を超えないという条件があり、超えた場合には割増賃金等の支払いが必要です。清算期間は3カ月以内の期間に限られます(同条1項2号)。

 テレワークに厳密な労働時間管理がなじまないということはこれまでも議論がなされてきました。テレワークガイドライン(令3・3・25基発0325第2号)においては、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年7月1日第2381号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ