被害者の母も分配対象か 自賠責から遺族慰謝料

2019.08.30
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 62歳の母親が歩行中、交通事故に遭い亡くなりました。加害者側の任意保険会社から損害賠償額が提示され、慰謝料については自賠責保険の規定で、被害者本人350万円、遺族750万円の計1100万円でした。法定相続人は父と、私それから弟と妹の兄弟3人ですが、この遺族慰謝料には祖母(母の母)も入るため、祖母の戸籍抄本が必要になるといわれました。祖母は想定していなかったのですが、このような判断で正しいのでしょうか。【神奈川・S生】

A

配偶者・子がいても支給 民法の相続と違う仕組み

 62歳の母親の法定相続人は、母の夫(相談者の父)と相談者(長男)、弟、妹の兄弟3人ですので、遺族の慰謝料750万円(請求権者が3人以上の場合)も、父がその2分の1、残りの半分を兄弟3人で分けるものと考えていたものと思われます。しかし、保険会社の担当者からは「おばあさん(亡くなった母の母親)も(慰謝料対象の)遺族に入る」と説明があり、その戸籍抄本を要求されたようです。

 交通事故の被害者が死亡している場合、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2019年9月1日第2337号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ