出張先の疾病等は労災か 病院で被保険者証を提示

2019.05.28
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 先日、出張した従業員が「食当たりのような症状が出て、病院に行った。たまたま健保の被保険者証を持っていて助かった」などと話していました。「出張中は、包括的に事業主の支配下にあるので、ケガ等したときは労災になる」という話を聞いたことがあります。そこでちょっと心配になったのですが、健保の被保険者証を使ってよかったのでしょうか。【三重・I社】

A

業務関連性の有無による 立証困難なら健保給付に

 健康保険は、「労災法7条1項1号に規定する業務災害」以外の傷病等が保険給付の対象になります(健保法1条)。

 ですから、業務遂行中に、業務に起因する事故等にあえば、労災保険を使うことになります。ご質問にあるとおり、出張中については「特別の事情がない限り、一応出張過程の全般について事業主の支配下にあるといってよく、一応その過程全般を業務行為とみる」と解されています(労災法コンメンタール)。ですから、たとえば、業務が終了した後で、旅館等に宿泊中に火事にあっても、基本的に労災となります。

 しかし、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2019年6月1日第2331号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ