送検なら費用徴収? 故意や重過失どう判断

2019.05.07
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社は建設業ですが、業務上の死亡災害の発生により書類送検された際のリスクにどういったものがあるか考えています。労災には事業主に事故の責任がある場合に、かかった保険給付の費用を徴収する制度があります。送検となれば、当然に費用徴収の対象と考えて良いのでしょうか。【滋賀・I社】

A

災害防止措置「なし」の場合

 事業主の故意または重大な過失による事故(労災法31条1項3号)について労災保険給付を行った場合、国はかかった費用を事業主から徴収することがあります。たとえば、法令に危害防止のための直接的かつ具体的な措置が規定されているにもかかわらず、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
令和元年5月6日第3207号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ