埋葬料は被扶養者だけ? 遠縁の親族葬儀を手配

2019.04.10
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 従業員のご親族が亡くなり、父母等の近親者がいなかったため、その人がお葬式の手配をされるという話です。私の記憶では、遠縁の親族等でも、健保から埋葬料が出たような気がします。しかし、法令集をみると、被扶養者に限られるようにも読めます。どちらが正しいのでしょうか。【北海道・I社】

A

「埋葬費」として実費支給 生計維持関係は問わない

 健保法で定める埋葬関係の給付には、被保険者本人を対象とするいわゆる埋葬料・埋葬費(100条)と家族埋葬料(113条)の区別があります。

 今回は、従業員ご本人ではなく、その親族の死亡ですから、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成31年4月15日第2328号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ