賃金締切日に退職が得? 基本手当の金額変わるか

2019.03.28
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 職場で、失業給付(基本手当)の話題が出ました。ある従業員が「ネット上で得た情報」として、「基本手当を多くもらうには、賃金締切日に辞めるのがベスト」という小ネタを披露していました。総務担当者として意見を求められましたが、本当にそんな話があるのでしょうか。【徳島・R社】

A

退職日は額算定と無関係 「完全な」賃金月から計算

 最初に回答を申し上げると、退職のタイミングは関係がありません。

 基本手当の算定ベースとなる賃金日額は、「被保険者期間として計算された最後の6カ月間に支払われた賃金の総額を180で除して」算出します(雇保法17条)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成31年4月1日第2327号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。