自己都合の退職扱い? 長時間残業あり離職

2018.06.25
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 時間外労働の上限規制が話題です。月100時間未満、複数月平均80時間を限度とすることなどが示されているようですが、現在、時間外労働を理由に退職したときに、失業給付はどうなるのでしょうか。【滋賀・E生】

A

月45時間超で上乗せも

 労基法の時間外の上限規制は、平成31年4月(中小は平成32年4月)から施行の方向で審議中です。時間外労働時間の上限は、月45時間、年360時間を原則とし、ご質問の月100時間未満等は、特別の事情がある場合の「例外」となります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年6月25日第3166号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ