平均賃金に旅費や日当含むか 服務規律違反で減給制裁 通勤費は除外できないが

2016.05.02
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 服務規律違反で減給制裁を科す方針です。本人は営業業務で出張の機会が多く、過去3カ月中にも数回の実績があります。平均賃金の計算上、通勤手当は除外できないといいます。出張者に支払った旅費や日当を含めて計算すると、減給額が著しく高くなります。除外処理しても問題ないのでしょうか。【青森・G社】

A

実費弁償的なら除外する

 労基法では、「賃金とは名称の如何を問わず、労働の対償として使用者が労働者に支払うすべてのもの」と定義しています(11条)。旅費・日当は使用者が支払うものですから、「労働の対償」に該当するか否かがカギとなります。

 判断基準として、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年5月2日第3063号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ