賞与カットは減給制裁か 遅刻や早退を欠勤扱い

2013.06.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 賞与の支給に当たって勤怠査定を行います。遅刻、早退が3回あれば欠勤1日として取り扱いますが、賞与を減額しても減給の制裁に当たるのでしょうか。【大分・D社】

A

査定の範囲で減額可能 支給額決定後は制限及ぶ

 減給の制裁とは、職場規律に違反した労働者に対する制裁として、本来ならばその労働者が受けるべき賃金のなかから一定額を差し引くことをいいます。

 労基法91条では、減給の処分は1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が一賃金支払期における賃金総額の10分の1を超えてはならないと定めています。1回の額とは、1つの事案を意味しています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年6月15日第2188号 掲載
ページトップ