70歳でも任意継続可能か 体調不良により退職

2015.11.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 70歳代の嘱託社員ですが、体調不良のため、現契約の期間満了で退職(雇止め)という方向で話をしています。本人は、健保の任意継続被保険者資格を取得するといっていますが、70歳代の退職者は初めてのケースです。申し出れば、問題なく認められるものなのでしょうか。【愛知・O社】

A

75歳までは被保険者 後期高齢者になれば喪失

 健保資格を喪失し、その前日まで継続して2月以上被保険者であった人が、保険者に申し出れば「任意継続被保険者」となります(健保法3条4項)。任意継続の申出は、資格喪失から20日以内に行う必要があります(健保則37条)。

 奥さんなど扶養家族がいれば、引き続き被扶養者とすることができます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年11月1日第2245号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ