個別の面接希望者出ない ストレスチェックを実施

2018.04.25
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 社員150人ほどの会社です。ストレスチェックは義務としてやっていますが、30人ほど高ストレス者が出ているのに面接指導希望者がいません。会社側は「誰が高ストレス者か」すら分からないのですが、どう生かせばいいのでしょうか。【東京・T社】

A

就労状況把握しフォロー ラインや事業主の役割も

 ストレスチェックは常時雇用50人以上の事業場には2015年に義務化されましたが、通常の健診とは違って事業者が実施するのではなく、「実施者」といわれる医師等が主体となって行うこととされており、社員の個別の結果は本人の了解なく事業者は見ることができません。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年5月1日第2305号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ