同僚等は何をすべきか うつ病快復し職場復帰

2018.03.27
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 うつ病で休職していた社員にようやく寛解のめどが立ち、復帰に向けてリハビリ出勤等を検討することになりました。当社はストレスチェックを毎年実施しており、当該社員が今回復帰を予定している部署については、その後の集団分析でもとくに「高ストレス職場」とは判断されなかったのですが、受け入れる側として留意点はあるでしょうか。【兵庫・S社】

A

過度の負担に注意する

 安衛法66条の10のストレスチェックは、就業する労働者個人の心の健康状態のほか、集団分析により職場環境を把握することが主な趣旨です。ストレスを生じやすい職場では、うつ病等で休職していた労働者が復帰してもまた再発してしまうおそれがあります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年3月26日第3154号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ