荷の積み卸しで注意点は 貨物自動車が構内を走行

2021.02.25 【労働安全衛生法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社は、貨物自動車による荷の搬送作業を行っています。工場等の構内で貨物自動車に荷を積み、卸す作業について、安衛法では、労働災害の防止のためにどのような対策を行わなければならないと規定されているのでしょうか。ご教示ください。【千葉・B社】

A

荷役運搬機械に規制あり 指揮者や誘導者を選任も

 陸上貨物運送業における労働災害について、荷の取扱い関係では、事故の型として、「墜落、転落災害」や「転倒災害」、「激突、激突され災害」が多く発生しています。

 安衛則では、貨物自動車は、フォークリフトやショベルローダー等とともに「車両系荷役運搬機械等」と呼ばれており、貨物自動車に荷を積み、または卸す作業に係る労働災害の防止に関しては、貨物自動車に係る防止対策の規定以外に車両系荷役運搬機械等に係る防止対策の規定があります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2021年3月1日第2373号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ