転落・落下防止対策は? 貨物自動車の荷台で作業

2013.09.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社は、金属製品を製造しており、製品を配送するために貨物自動車を使用しています。先日、クレーンで貨物自動車に荷の製品を積む作業中に貨物自動車の荷台から転落する災害が起こりました。労働安全衛生法では、転落災害や荷の落下災害等の防止のためにどのような対策を行わなければならないと規定しているのでしょうか。【愛知・N社】

A

昇降設備や保護帽を徹底 ロープ等の損傷にも注意

 製造業や陸運業の荷役関係の災害をみると、積卸し作業や運搬作業での災害が多く、また、事故の型では「墜落・転落災害」や「飛来・落下災害」「はさまれ・巻き込まれ災害」が多く、「墜落・転落災害」では貨物自動車から墜落、転落する災害が多く発生しています。

 お話の貨物自動車の荷台からの「墜落・転落災害」や荷の取扱い作業中の「飛来・落下災害」等の防止に関する主な事項について以下にご説明します。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年9月15日第2194号 掲載
ページトップ