最新判例が今後に影響? 意識障害による事故の扱い

2013.11.15
Q

 自動車損害賠償保障法上では事故の加害者が過失の立証責任を負うとしているところ、加害者の意識障害に起因した事故の場合は、民法の原則に従うと責任能力がないことになり、損害賠償請求ができず問題になっているとのことです(本誌11月1日号58ページ)。これに関する判決が最近出たとのことですが、具体的に教えてください。【福岡・O社】

A

病気の自覚あると有責に 民法の準用認められず

 前号で、自賠法3条は民法の不法行為責任から立証責任の転換を図り、加害者の責任を加重し被害者の保護をより強めた規定であることをお伝えしました。他方で自賠法4条は、責任能力の規定である民法713条が当然適用されるという意味であると従前から考えられてきました。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成25年11月15日第2198号
ページトップ